2017/03/11 石巻地方各地で慰霊行事

カメラリポート

東日本大震災6年、被災地思い一つに
3.11に誓うまちの復興
石巻地方

 犠牲者のみ霊に手を合わせる人、被災地の今を目に焼き付ける人。東日本大震災から6年となった11日、石巻地方では各市町主催の慰霊行事があった。市民団体などが主催する追悼・伝承の催しもあり、県内外から集まった多くの人がそれぞれの思いを胸に一日を過ごした。

■鎮魂の歌声
 石巻市の追悼式では石巻合唱連盟や石巻好文館高音楽部のメンバーらが「花は咲く」などを披露。追悼の歌声を響かせた=市河北総合センター
石巻市追悼式
■思い手向ける
 東松島市慰霊祭で行方不明者24人を含む1134人の犠牲者の冥福を祈り、古里の復興を誓って白菊をささげる参列者=市民体育館
東松島市慰霊祭
■安らかに
 女川町の追悼式で、震災発生時刻の午後2時46分、犠牲者の冥福を祈り黙とうをささげる参列者=町総合体育館
女川町追悼式
■慰霊碑に誓う
 石巻市の上釜地区では、震災の教訓が刻まれた慰霊碑が除幕され、一人一人が鎮魂の祈りをささげた=石巻市新館2丁目
慰霊碑除幕
■支援者続々
 「がんばろう!石巻」看板がある海辺の被災地であった「東日本大震災追悼3.11のつどい」。石巻の復興を支援し続ける人も多く集まった=石巻市南浜町3丁目
東日本大震災追悼3.11のつどい
■現状間近で
 主催者(右)から震災当時の説明を受ける「3.11忘れないウオーキングin石巻」の参加者。復興の現状を確認しながら約10キロの道のりを歩いた=石巻市中央1丁目
3.11忘れないウオーキングin石巻

【2017年3月15日(水)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)