おらいのキッチン 新昌(石巻市中央3丁目)

【2017年3月1日(水)石巻かほく掲載】

おらいのキッチン 新昌

明るくおしゃれ感がある1階は、カウンターとテーブルで10席

◇おいしいカキ、年中提供

 石巻市中央3丁目の再開発ビル「石巻テラス」に昨年12月にオープンした。

 カキをメインに扱う同市流留の水産加工会社「三養水産」の経営で、おいしいカキを年中食べられる。地産地消を掲げ、石巻の新鮮素材を使った創作料理、地酒が楽しめる。

 店内は1、2階に分かれ、カウンターとテーブルの1階はスペインの食堂兼バー「バル」をイメージした。

 三養水産社長で、店頭にも立つ辻尚広さん(43)は「型にはまらず、その時おいしい素材をおいしい料理にして提供したい」と話す。

 お薦めは、新昌牡蠣(かき)のヴァポーレ(低温蒸し)の冷製(1個480円)。「生カキと蒸しガキの中間ぐらいの食感。ワインビネガーでいただく。濃厚さとさっぱり感が味わえます」と辻さん。

 季節の魚のカルパッチョ(820円)なども人気。料理三品にドリンク1杯の、チョイ飲みセット(1000円)もある。

 「お客さんの反応や感想を本体の方の商品づくりにも生かすなど、相乗効果を高めたい。3月を目指しさらに新メニューを考案していく」と意気込む。

地図:石巻市中央3丁目2の2 石巻テラス内
■メモ
ランチタイム(午前11時~午後3時)はパスタ類とカキパイを提供。
午後5時からディナータイム(午後10時までに入る)。
水曜定休。
2階は6~14人で貸し切りもできる。
石巻市中央3丁目2の2 石巻テラス内。
0225(98)4414。

東日本大震災を乗り越え、石巻地方で営業を続ける店や伝統を守る店、新たな店、個性的な店などを紹介するコーナーです。「石巻かほく」に連載中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)