河北ダンススポーツクラブ(石巻)

なかま

◇姿勢正し弾むステップ

 楽しみながら健康寿命を延ばすことが目的の社交ダンスクラブ。発足したのは1980年。東日本大震災で一時は存続が危ぶまれたが、熱心な声掛けで新規加入者が増えたため、継続することができた。

 メンバーは、旧河北町や旧石巻市内の60~80代の男女21人。ダンスをすることで足の筋力や体幹、バランス感覚が鍛えられるため、見た目も気持ちも若々しくいられるという。

 石巻市河北総合センター(ビッグバン)で週に1度練習に励んでいる。ダンスを楽しむだけでなく、月に2回は講師を招き、技術に磨きをかけている。

河北ダンススポーツクラブ(石巻)

ペアになって社交ダンスを踊るメンバー

 取り組んでいるダンスの種目は「ワルツ」「ルンバ」「チャチャ」など。ダンスミュージックに合わせて念入りにストレッチをした後、立ち方やステップを確認し、種目ごとの練習をしている。

 代表の阿部重弘さん(73)=石巻市流留=は「『楽しくなければダンスじゃない』といつも思っている。音楽にのって体を動かすことはもちろん、社交ダンスは相手がいて成り立つので仲間の大切さをすごく感じる」と話した。

 還暦を機にクラブに入った鈴木貫一さん(69)=同市小船越=は「ここに入ってたくさんの仲間に出会えたし、憧れだったダンスがスマートにできるようになったのでうれしい」と笑顔を見せた。

 練習は毎週火曜、午後7時から9時まで。場所はビッグバン。ダンスパーティは年2回実施している。現在、男女年齢問わずメンバーを募集中。連絡先は、阿部代表0225(97)2252。

【2017年2月7日(火)石巻かほく掲載】

■掲載希望団体を募集

「なかま」に掲載を希望する団体やグループ(スポーツ団体を除きます)を募集しています。はがきやメール、ファックスで団体名、代表者、電話番号、活動内容を明記し、お送りください。
   〒986-0827 石巻市千石町4の42 石巻かほく「なかま」係
   メール ishinomaki@sanrikukahoku.jp
   ファックス 0225(21)1668


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)