2015/11/14~15 石巻地区造形教育作品展

石巻地区造形教育作品展

力作が目を引く造形教育作品展

石巻で造形教育作品展
340点、色使いに工夫

 石巻地区造形教育作品展(石巻教育研究会図工・美術研究会主催)が14日、石巻市駅前北通り2丁目のナリサワ・カルチャーギャラリーで始まった。

 県造形作品展で特選に入った9点を含む約340点を展示。

 鏡に映した自分や自分らしさを表現するために肩に手を置く癖を描いた自画像のほか、夏休みや運動会の楽しかった思い出などを画面いっぱいにカラフルに描いた力作が並んでいる。発泡スチロールを使って立体的な作品に仕上げた絵文字や文字絵などのユニークな作品もある。

 特選の石巻市荻浜中3年柳橋享汰君の「野球をする僕」は、頑張ろうとする気持ちを伝える作品で、ユニホーム姿の背景にプロ野球選手が載った古新聞をコラージュして表現した。

 いずれも色使いに工夫があり、一筆一筆に込めた気持ちが伝わってくる傑作が多く、鑑賞する来場者の関心を集めている。

 15日まで(午前10時~午後6時)。

【2015年11月15日(日)石巻かほく掲載】