地元の味(及川智子)

水紋

 少し前に、石巻市北上町の方に生ワカメをいただいた。サラダやしゃぶしゃぶで食べるのが人気とは知っていたが、地元の女性が「ゆでて刻みネギとしょうゆをかけて食べるのが一番おいしい」と教えてくれたので、さっそく試してみた。

 茶色いワカメは湯通しするとたちまち鮮やかな緑色になり、その様子を見ているだけでも楽しい。みじん切りにしたネギとの相性がぴったりで、シンプルな食べ方が合うのは新鮮でおいしいワカメだからこそだとありがたくいただいた。

 北上地区復興応援隊は、浜の女性たちの知恵を結集したワカメとコンブのレシピを掲載したリーフレットを作成した。県漁協北上町十三浜支所で地元の養殖業者に配ってもらい、商品を購入した消費者に調理法の参考にしてもらう。

 浜の仕事に家事に忙しい女性たちが教える料理を紹介。レシピはワカメとタマネギなどを合わせる炒め煮、コンブと缶詰を使った昆布巻きなど、手間入らずの家庭料理ばかり。素材の良さに加え、調理の幅が広がりそうだ。

 4月に仙台へ転勤することになった。石巻地方の食の豊かさや家庭の味、おいしい食べ物の記憶は、地元から離れて暮らすことになった今、大切な財産だと感じる。時々戻ってきて地元の味を調達したいと思う。

(及川智子)

【2015年3月26日(木)石巻かほく掲載】

◇北上地区復興応援隊 http://miyagifukkououentai.jp/?page_id=28


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)