ゴールデンイーグル(菊地利明)

水紋
 東北楽天イーグルスがリーグ初優勝を決めた。気分が良い。秋で食べ物もうまい。飲み過ぎ、食べ過ぎにならないようにしつつ、クライマックスシリーズ、そして日本シリーズと、試合を楽しみにしていきたい。

 ことし8月、イースタン・リーグ公式戦が石巻市民球場で開催されるのを前に2軍の大久保博元監督はじめ1軍入り目前の若手選手3人、スタッフに話を聞きながら、優勝に突き進む球団全体のムードを感じた。

 東日本大震災の前年には、今季大活躍の銀次内野手にインタビューしたことがある。短い時間だったが、内に秘めた強いものを感じた。星野仙一監督のもとで今、目覚ましい活躍をしていることがうれしい。

イヌワシ

深い森の上空を飛ぶイヌワシ=岩手県内

 ところで球団の名前にもなっているイヌワシとはどんな鳥か。少し紹介する。生態系の頂点に位置し、天然記念物で生息数が少ない。石巻市内にも生息するという。一時期、夢中で姿を追い掛けたことがある。

 人間が望遠鏡を使うよりも遠くがよく見え、また野生のプライドが高く、人間を避けるようにしており、なかなか良い写真を撮らせない。巧みに風を利用して飛び「風の精霊」とも呼ばれる。

 両翼を広げると約2メートルで、後頭部が金色に見えるのが英名の由来。山で出合って魅了される人は多い。いろいろな意味で、すごい鳥なのだ。

(菊地利明)

【2013年10月10日(木)石巻かほく掲載】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)